乳児によく起こる湿疹。汗疹だと油断しないで

乳児によく起こる湿疹。汗疹だと油断しないで

乳児湿疹を知ろう

乳児湿疹とは産まれてから1ヶ月ほど経った頃からツルツルだったお肌に湿疹などのトラブルが起こることです。
大人と違い肌が薄くバリア機能が弱い子供はトラブルが起こりやすくなっています。ブツブツ、ジュクジュク、カサカサ等はすべてを総称して乳児湿疹と呼びます。

乳児湿疹の種類

いくつかありますので一部を紹介します。

脂漏性湿疹

子供は母親のお腹の中にいる時のホルモンが影響することがあり皮脂の分泌が促進されてしまうことで湿疹やニキビを引き起こします。

食物アレルギー

特定の食品にアレルギーがある場合、摂取することで湿疹などが起こります。

皮膚の乾燥

肌の表面は布や衣類などで擦れてしまうと、表面の油分や水分が必要以上に取れてしまい乾燥が起こります。

湿疹と汗疹の違い

湿疹は皮脂や汚れ、物理的な刺激などによって肌の表面が炎症を起こし腫れたり、カサカサしたりします。
汗疹は汗のでる汗腺の出口が詰まって、外に汗が出にくくなり肌の内側で炎症が起きることです。どちらも見ためは同じように見えますが、炎症が起こっているところが肌の表面なのか内側なのかで違いがあります。

湿疹は治るのか

乳児湿疹は3歳までに自然に治ることもあります。湿疹も汗疹も予防方法は似ていて、小まめに汗を拭きとりシャワーを浴びるなど肌の表面を清潔に保つことである程度防ぐことはできます。

ただ、湿疹を汗疹だと決めつけていると原因が取り除かれず悪化することもあるので予防対策をしながら子供の肌を観察し必要に応じては病院で見てもらいましょう。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter