痛んだ肌のバリア機能と痒みの関係

炎症が起きてしまう原因は汗にありました

お肌の話になるとよく出てくる「バリア機能」
皮膚の表面にあることは分かっているけれど、どんな役割をしているのでしょうか。

バリア機能とは

外部からの刺激・有害物質の体内への侵入・体の表面からの水分蒸発などを防いだりお肌の潤いを保つ機能のことです。

バリア機能は大きく分けて4つの要素から成り立っています。

1.表皮膜

皮膚の表面を覆う油分の薄い膜。
適度な皮脂分泌により形成される油分の膜により水分の蒸発を防ぎます。

2.角質層

垢となり剥がれ落ちる前の皮膚細胞(角質細胞)が積み重なった層。肌の表面をガードします。

3.NMF

細胞内に潤いを与える機能のこと。角質細胞に水分を保持し、弾力ある状態を保ちます。

4.セラミド

各皮膚細胞の隙間を満たすゼリー状の保湿液。
この液が充足することで肌の潤いと弾力を維持します。これらの要素がすべて整うことでバリア機能が正常に働きます。

痛んだバリア機能を回復させるには

バリア機能が低下することにより、外からの刺激を受けやすくなり、さまざまな肌トラブルが起こってしまいます。

また、体内の水分が蒸発しやすくなり、乾燥もしやすくなります。そのままにしておくと敏感肌なる恐れもある為、しっかりと保湿をして乾燥を防ぎましょう。

バリア機能を高めると言われている「セラミド」健康な角質を保つためには、保湿を助けるセラミドが必要です。このセラミドは睡眠不足で減少してしまうので、質の高い睡眠を心がけましょう。

正常なバリア機能を保つために

大事なのはターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が決まられた周期で行われることです。

痒みなどの炎症を引き起こした際、痒くて搔いてしまうことも多いと思います。しかし、搔くことによって弱っているバリア機能を更に傷つけてしまうと、ターンオーバーの乱れに繋がります。

ターンオーバーが乱れることにより、正常に肌の生まれ変わりが出来ず、症状を悪化させてしまいます。という事は、まず痒みなどの症状を抑える必要があります。

最近、痒みの原因物がたんぱく質であるという事が発表されました。

ですから、この原因物となるたんぱく質をお肌から取り除くことで、痒みを元から断ち切り、強い肌を目指す事が出来るのではないでしょうか。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter