炎症の原因であるタンパク質を除去したい!

th_15

私たちの身体では様々な免疫システムが働いています。

炎症病原菌が体内に侵入してきた時に身体を守る為に働く免疫システムの1つです。
皮膚炎が起こる原因も、皮膚内に入った異物や細菌などを除去しようと、免疫システムが働くからです。

皮膚炎・湿疹の原因

免疫システムが働くと炎症のスイッチ役として表皮細胞の炎症増悪タンパク質が増加し、肌に赤みや痒み、ブツブツなどのいわゆるアレルギー反応が起こります。

患部を冷やす

体が温まると痒みがひどくなるので、まずは患部を冷やしましょう。痒いからと引っ掻いてしまうとそれ自体が刺激になりさらに痒みが増すという悪循環に陥ります。

敏感肌用のスキンケアを使う

いつも使っているスキンケア用品がしみる時は敏感肌用のものに切り替えると肌への負担を軽減できます。強いパッティングは肌への刺激になると共に、血行を促進して痒みが増すのでやめましょう。

専門医に相談の上、外用薬を使用する

我慢できない痒みには外用薬がおすすめです。
副作用を気にして使用を避けたいという人もいますが掻きむしった場所から雑菌が繁殖することで症状の悪化や長期化を招くこともあります。

傷ついたお肌はターンオーバーが乱れてしまうので掻かないように薬を使用することも大切です。
しかし、外用薬の効果は一時的に炎症を抑えるところまでで痒みの原因を取り除くことまでは期待していただけません。

炎症の原因を取り除く

炎症の原因、それは肌に常在するマラセチア菌と汗が混じることで産生される「たんぱく質」でした。
このたんぱく質を除去できれば、炎症の原因を絶てるのです。

そのために重要なのが “たんぱく質分解成分 “の「酵素」になります。

いくらお薬で炎症を抑えても、原因を取り除かないことにはいつまでも症状が繰り返し出てしまいます。
酵素配合の製品でたんぱく質を除去し、健やかなお肌を手に入れましょう。