乳児湿疹を防ぐ方法をご紹介します

乳児湿疹を防ぐ方法をご紹介します

産まれたての赤ちゃんにとって、外の世界は刺激がたくさん。

はじめはつるつるだったお肌が真っ赤になってしまうこともあります。かわいい子供のお肌に現れた、乳児湿疹を防ぐ方法はあるのでしょうか。

乳児湿疹とは

赤ちゃんのお肌にできる湿疹をまとめてこう呼びます。
カサカサして赤くなるもの、炎症を起こしてジュクジュクしたもの、全部が乳児湿疹です。

多くの場合は成長とともに症状が改善するので医師に相談しても経過観察になることがほとんどです。
しかし、親御さんとしては心配になりますよね。

どんな種類があるの?

脂漏性湿疹アトピー性皮膚炎汗疹アレルギーなど、さまざまな種類があります。
一見して判断が難しいため、おむつかぶれかな?なんて思って様子を見ていたら、悪化してしまったという話も聞きます。

乳児湿疹の原因

繊細な赤ちゃんのお肌は、慣れない外部からの刺激や汚れに弱いものです。
無意識に掻いてしまうことも多く、一度炎症が起きるとなかなか治まらないのも難点です。

また、体温が高く汗をかきやすいうえに、汗腺が未発達なので汗が溜まりやすくなっています。実はこの汗が痒みを慢性化する原因だとご存じですか?

たんぱく質の除去

私たちのお肌にはマラセチア菌という常在するカビがいます。
このカビと汗が混ざることで分泌される たんぱく質 “これが赤み・痒みの原因だと特定されました。

汗っかきな赤ちゃんの汗を小まめに拭くことや、お着替えをさせることも大切ですが汗自体を止めることはできませんよね。

分泌されてしまったたんぱく質は、たんぱく質分解成分である「酵素」が入ったスキンケアで除去することがおすすめです。