治りにくい「大人」のアトピー性皮膚炎を根本から治すためには?

治りにくい「大人」のアトピー性皮膚炎を根本から治すためには?
治りにくいとされる大人のアトピー性皮膚炎、子供(乳幼児)は治ることが多いですが違いはどこにあるのでしょうか?

 

大人と子供のアトピー性皮膚炎の4つの違い
1,原因

子供の場合は皮膚のバリア機能が未発達のため、皮膚の表面にダメージがついて悪化しやすい状態です。
しかし、大人になるにつれて皮膚バリア機能が発達し、アレルギーの対象となる食物に対する反応が収まりひどいアトピー症状も改善方向に向います。

大人の場合は、ダニやほこり等の環境要因が原因になっていることが多く、完全に除去することは困難です。
また、皮膚のバリア機能が発達していますが、アトピーによって破壊され保湿剤や外用薬などで治療をしていくこととなります。

2、症状

アトピーの湿疹が出やすい部位は同じです、顔、首、手、足の関節。
赤い湿疹と皮膚が厚く感じカサカサの状態です。

大人はこれに加え「痒疹(ようしん)」と呼ばれる円形で赤く盛り上がった湿疹ができます。

3,生活

大人は子供の時に比べて、仕事などで不規則な生活になり生活リズムを崩しがちです。
睡眠不足などアトピーにはよくない要因があります。

4,成長

子供は成長に伴い、免疫機能が変化していきアレルギー体質も変化します。
しかし、大人は一旦備わった機能がそのままで症状が改善されない傾向になります。

では、この治りにくい大人のアトピー性皮膚炎はどのような対策をすれば治るのでしょうか?

アトピー性皮膚炎の2つの根本原因
1,免疫バランスの崩れ

人の体内にはアレルゲンが侵入すると抵抗する2つの免疫細胞「Th1」「Th2」があります。
アトピー性皮膚炎の人はこの「Th2」が過剰に働き免疫細胞のバランスが崩れてアレルギー反応を引き起こします。

2,体内の酸化と皮膚表面の酸化

もう1つは、食物や環境など現代の様々な要因から酸化物質が体内に溜まります。
この酸化物質も体内の免疫バランスを崩す要因になります。

さらに、免疫反応でアレルゲンを排除しても「慢性化原因タンパク質A」と呼ばれるタンパク質が大量に発生します。
これは、アトピーの原因になったアレルゲンがない状態でも、「過酸化脂質」と合わせて皮膚を刺激して慢性化する悪循環を引き起こします。

このようにアトピー性皮膚炎を根本原因から治すには、「免疫バランスの改善」「体内の酸化物質の除去」、そしてアトピー症状がひどい時はステロイド外用薬を使いこれらをうまく併用していくのがアトピーを治す近道ではないでしょうか。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter