IgE抗体はどうしてできるの?

アレルギー疾患の悪さをする原因のひとつIgE抗体。
IgE抗体はどうしてできるのでしょうか?

 

IgE抗体はどうしてできるの?

人はアレルゲンに対してIgE抗体を作って反応します。
IgE抗体はアレルゲンの接触を繰り返すうちに蓄積されていきます。

 

IgE抗体はある程度までは蓄積されても何も症状をうみだしませんが、許容限度を超えてしまったときに、炎症や痒みといった症状を引き起こしてしまうのです。

 

アレルギー疾患は免疫疾患

アトピー性皮膚炎やぜんそく、花粉症などのアレルギー疾患は、それぞれその症状だけを区別して別の疾患と考えがちですが、実はそもそもこれらアレルギー疾患はすべて「免疫疾患」です。

食物、ダニ、花粉など、アレルギーの原因となるアレルゲンが体内に侵入したときに、「Th1」と「Th2」と呼ばれる2種類の免疫細胞が排除しようと働きます。

このとき健常な人の場合「Th1」と「Th2」がバランスよく働いてくれるのですが、アレルギー疾患を持っている場合はこのバランスが崩れ「Th2」が活発に働いてしまいます。

この「Th2」が過剰に働くことによってIgE抗体たくさん作られてしまうのです。

そしてアトピー性皮膚炎などの場合、バリア機能が低下して過酸化脂質が蓄積した肌に、このIgE抗体が刺激を与え、その結果として炎症や痒みといった症状になってあらわれるのです。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を根本的に改善するには・・・

(1)免疫バランスを整えIgE抗体を蓄積させない
(2)過酸化脂質を蓄積させず、肌のバリア機能を改善する

この2つのポイントがとても重要です。