ぺリオスチンによるアトピーの慢性化

ぺリオスチンによるアトピーの慢性化

アトピー性皮膚炎は、一度発症してしまうと再発や症状の悪化を引き起こしやすく、慢性化しやすいとされています。

この慢性化の原因はアレルギーのもととなる物質により生じるタンパク質「ぺリオスチン」であることを佐賀大学の教授が発表しました。

 ぺリオスチンがもたらす慢性化の仕組み

アレルギーの原因物質が体内に侵入すると、免疫細胞が体を守るために働きかけ、それが刺激となり痒みなどの症状を引き起こします。

それと同時に、”タンパク質「ぺリオスチン」が大量に生成されること“が特定されました。
皮膚に沈着したぺリオスチンは、免疫細胞をさらに刺激するので、症状を継続させます。

これがアトピーの慢性化に繋がっているのです。

慢性化を防ぐために

タンパク質「ぺリオスチン」を取り除くことができれば、炎症の原因を絶つことができるということになります。

タンパク質を除去するには、タンパク質を分解する性質がある「酵素」がとても重要になります。

酵素が配合されている製品を開発することができれば、アトピー性皮膚炎を和らげることができるのではないかと期待されています。