突然アトピーを発症したら…どう治療していく?

突然アトピーを発症したら…どう治療していく?

現代病とも言われるアトピー性皮膚炎ですが、子どもの頃は一切発症しなくても大人になって突然発症する方も多くいらっしゃいます。

大人の場合は仕事のストレスに加えて不規則な生活を送ることが多く、抵抗力が弱まります。
体内に細菌やウイルスなどの異物(抗原=アレルゲン)が侵入すると、それに対抗する物質(抗体=タンンパク質)が産生されます。
無害化、さらに体外へ排除しようとする反応が起きます。

抗原と抗体が結びつく反応が抗原抗体反応(免疫反応)で、お互いにカギとカギ穴のような関係でピッタリと結びついてブロックし、人間の体を守る大切な働きをしているのです。

しかし、1つの免疫系が善玉(免疫)と悪玉(アレルギー)の両面の性格を持っており、ある特定な人の体内では何らかの異常が生じて、普通の免疫反応を越えた過剰な反応が起こることがあります。

この現象がアレルギーと定義されています。

アトピーはどう治療する?

アレルギー治療はあくまでも対処療法でしかありません。
抗アレルギー薬はしばしばステロイド系のお薬と比較されます。
アレルギー反応のほとんどすべてを抑えるステロイド薬に対して、一部分を抑えるのが抗アレルギー薬です。

一般的に長期間の服用でも安心とされており、副作用もステロイドほどの強さがありません。
抗ヒスタミン作用のありなし等にも分類されます。
喘息や花粉症、肌疾患などに幅広く使われていることもあり、処方されることも多いでしょう。

ここでは皮膚疾患の場合について取り上げます。
抗アレルギー薬で体の内部からアレルギー反応を抑えている場合、外側からはどのような対処が必要なのかを考えてみると…

やはり外的要素に強い肌を作ることが必要となります。