アトピー性皮膚炎は治らない疾患ではありません

アトピー性皮膚炎の原因
アトピー性皮膚炎の原因によりますが、食物アレルギーの場合は比較的治る可能性が高く、ダニやほこりなどの環境要因の場合は治りにくい傾向があります。乳児のひどい湿疹でも小学生になる頃には非常によくなっているケースが多く、子供のアトピー治癒率は84%という報告があります。また、成人になると仕事のストレスや不規則な生活の原因も加わり、生活習慣の見直しが望まれます。

アトピー性皮膚炎の症状を抑える治療が大切
良くなる時期まで時間が掛かるため、できるだけアトピーの症状を抑える治療が大切になります。

ステロイド薬を長く使用していると副作用が心配になりますが、保湿剤と併用して徐々に量を減らしたり症状に応じた使用方法が良いでしょう。

そして、アレルゲンによって体内が酸化してしまっているアトピー体質の改善も合わせて必要になります。

アトピー性皮膚炎の原因を排除して、焦らずに着実な治療をしていくことが大切でしょう。