アレルギー反応が起こる原因とは?

アレルギーとは免疫反応が自分の体にマイナスに働いてしまう病気です。

私たちの体には、体にとって異物であるもの(抗原またはアレルゲン)が体内に入った時、

それに対抗する物質(抗体)を作って、抗原を排除するシステムが存在します。

このシステムの反応を抗原抗体反応とか免疫反応といいます。

これらの反応は、抗原に対して適切に機能すれば、「生体防御」ですが、

しかし、

過剰に反応し、生体防御の範囲を逸脱した場合、アレルギーとなり過剰な反応を示します。