しわやしこりもアトピーの症状?

アトピー性皮膚炎は、かゆみが強く慢性的な皮膚疾患です。

大半が幼児までに発症すると言われていますが、成人してから発症する場合もあります。

乳児や幼児期などでは、耳切れなどの症状があり、皮膚が乾燥した粉を吹いたようになり、関節の内側など汗のかきやすい箇所の湿疹や、とびひなどの合併症を併発させやすく、成人前後になると皮膚の乾燥が進んで、かゆみもさらに強くなります。
また、赤ら顔になり、腕や足にしわ、イボ状のしこりもあらわれます。

過酸化脂質が肌に溜まる事で肌のバリア機能も失われ、ステロイドなどの対処療法だけでは赤みや痒みを抑えることも難しくなってしまいます。

保湿剤はあくまでも壊れた肌に塗布しているだけとなってしまい意味がありません。
体の中から強くする治療が必要になってきますね。