乳児性アトピー(赤ちゃん・新生児アトピー)を克服するには

乳児性アトピー(赤ちゃん・新生児アトピー)を克服するには

生後まもなく、赤ちゃんの顔に湿疹ができはじめた・・・

なにをしても治らないし・・・これってアトピー?

湿疹ができてすぐ皮膚科や小児科医にいっても「アトピーです」「ただの湿疹ですね」と医者によっても様々。何件か病院を周るお母さんも多いと思います。

生後まもなくはお腹の中にいたときの女性ホルモンの影響が残っており、皮脂の分泌が活発になっているためにお肌に湿疹ができやすい状態です。

これが乳児湿疹と間違えられやすいポイントです。

乳児性アトピーの場合、1歳になる頃には改善しているケースもありますが、そのまま学童期までアトピーが続いてしまう場合もあります。
また、乳児性アトピーが治ったからといって安心するのは要注意。

成人になると再発した、というケースもあります。
幼少期からアトピーの原因を取り除いておくことも大切です。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因は外的や内的要因からくる「過酸化脂質」だと言われています。
過酸化脂質とは体表の皮脂腺から分泌される正常な皮脂が、日常生活の中で食事や大気などの影響を受け、過度に酸化したものを指します。

過酸化脂質のある状態とはお肌が”酸化”してしまっている状態です。
酸化した状態のお肌は痒みが発生し、皮膚のバリア機能が低下、外部の刺激が受けやすくまた痒みが発生してしまうというサイクルになっています。

この”酸化”を取り除くことで乳児性アトピーの悪化サイクルから抜け出すことができるのではないでしょうか。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter