イネ科のアレルギーの症状は?

イネ科のアレルギーの症状は?

5~8月頃に花粉が飛ぶイネ科。

イネ科には、
カモガヤ、ハルガヤ、ムギ、イネ、アシ、ススキ、ネズミホソムギ、ネズミムギ、ホソムギ、オニウシノケグサ、スズメノカタビラ、スズメノテッポウ
などが挙げられます。

イネ科の植物は、背が低く、川沿い、堤防、水田などに生育しています。
背が低いため、飛散する距離がスギより短いのが特徴です。
つまり、広く飛ぶ事はありません。
花粉は、気温が高くなる頃、早い年では5月から飛散します。

 

イネ科のアレルギーの症状は?

症状は花粉症の症状と同じでくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血です。

それ以外に、イネ科のアレルギーがある場合、アナフィラキシーと言って、喘息などの呼吸困難、じんましん、嘔吐などの症状を起こす事があります。

小麦もイネ科で、食物依存性運動誘発アナフィラキシーの危険もありますので、注意が必要です。

食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、特定の食べ物を食べて、数時間以内に運動すると、喘鳴、咳、じんましん、嘔吐、吐き気、血圧が低下して、顔色が悪くなってしまう病気です。