ローヤルゼリーとアレルギーの関係

ローヤルゼリーとアレルギーの関係

そもそも、ローヤルゼリーとは何なのでしょうか?

ローヤルゼリーとは、若い働き蜂であるミツバチが花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌する物質である。
女王蜂となる幼虫や、成虫となった女王蜂、さらには若齢幼虫の働き蜂に給餌される食物であり、ミツバチの社会“コロニー”を支えている。
※「群れ」がひとつの生命体「コロニー」という単位になっているのです。

蜂蜜と同じく蜂の巣から採れるが、蜂蜜とは異なり一般的には白いクリーム状で発酵食品のような特徴的な酸味を有する食品である。

「副作用」という言葉は本来薬に対して付けられるものですので、天然の食品には適応されません。
副作用と言うのは、「ある作用を期待して作った薬が、病気を治す代わりに、体に違う障害を引き起こしてしまう」ことを意味します。つまり薬ではないローヤルゼリーには、副作用自体が存在しないということになります。

ただし、これは言葉の問題であって、「ローヤルゼリーはアレルギーが出やすい」という事実があります。

アトピーや喘息のような強いアレルギーをお持ちの方が摂取すると、アレルギーを引き起こすことがあるようです。

ローヤルゼリーには豊富な栄養素が含まれていますが、これは天然の様々な花粉や蜜などから出来ているからです。働き蜂が花粉や蜜を集める植物は多岐にわたりますので、その分数多くの植物の成分が含まれていることになります。

ですから、当然アレルギーが出る可能性は高くなります。

アトピーや喘息をお持ちの方は、過敏反応を起こしやすいですので、アレルギー反応を引き起こす可能性が高いと考えられます。

ですから、ご利用される前にお医者様に相談されることをおすすめします。

そして摂取する際にはまずは少量から摂取してみて、異常が起こらないようであれば、少しずつ量を増やしてみるのがよいでしょう。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter