花粉症の方は、アーモンドアレルギーにご注意!

花粉症の方は、アーモンドアレルギーにご注意!

旬の果物、季節の果物を食べると、栄養価が高く、他の時期より新鮮で美味しいです。しかし、花粉症の人は注意が必要です。

花粉症と似た症状が起こる果物アレルギー (口腔アレルギー症候群)

口腔アレルギー症候群は、別名果物アレルギーと呼ばれ食物アレルギーの一種です。特定の果実(例えばキウイ)を口に入れると咽の奥、唇、舌に痒みや痛みが発生します。

稀にですが、吐き気や下痢などの消化器の症状も出てきます。ひどくなると喘息発作を起こす場合もあります。

花粉症の人も、果物を口に入れた時と同じような咽の奥に痒みや痛みなどの違和感を感じます。では、なぜこのような花粉症と同じような症状がでるのでしょうか?

果物アレルギーと花粉症の関係

花粉症を起す花粉アレルゲンと特定の果物(例えばアーモンド)が持つアレルゲンが共通するため、口から入ったアレルゲン花粉症を起こす抗体が反応してアレルギー反応を引き起こします。

例として、

シラカバの花粉症 → アーモンド、クルミ、キウイ、バラ科(リンゴ、モモ、サクランボ、ナシ、イチゴ、ウメなど)

などが反応する場合があります。

もともと花粉症の人は免疫反応のバランスが崩れ、アレルギー症状が発症しやすい体質にあります。食物アレルギーを症状を抑えるためには、アレルゲンの除去と体内の環境を整える必要があるでしょう。