赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方

赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方

赤ちゃんのお肌は敏感なため、湿疹が出ることも多く、乳児湿疹との区別が難しい時期です。
そのため、湿疹が出るとすぐにアトピーを疑うお母さんも少なくないでしょう。
赤ちゃんにアトピーの症状が出てくるのは、早くて生後2週間頃です。
脂漏性湿疹と症状がよく似ているため、区別は難しいのですが、
乳幼児・赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、下記のような特徴があげられます。

——————————————————————————————–
・顔や頭、耳などにジクジクとした湿疹がでる
・耳切れ(耳のつけ根がただれて切れたような状態)
・慢性・反復性の経過(2か月以上症状が続く)
——————————————————————————————–

しかし、発症の時期や症状には個人差があり、判断は非常に難しいといわれています。
少し様子を見ても良くならない、悪化しているといったようであれば自己判断はせず、
医師の診断を受けましょう。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter