アレルギー性湿疹の対策とポイントをご紹介

アレルギー性湿疹の対策はこの2つがポイント

アレルギー性湿疹とは、特定のアレルゲン物質が原因で免疫反応が過剰に働き皮膚に炎症を引き起こす湿疹のことです。

このアレルギー反応を防ぐ対策としては、原因になっているアレルゲンを遠ざけることが一番有効です。

アレルギー性湿疹の対策のポイント

    1. からだの外から

アレルゲンの侵入を防ぐ役割をしている肌のバリア機能を保つ必要があります。このバリア機能が低下してしまうと、アレルギー反応を引き起こす原因となってるアレルゲンが簡単に侵入してきます。

肌のバリア機能を保つには、汚れを取り除いて皮膚を清潔にし、保湿外用薬を使ってスキンケアを行います。肌の角質層に水分と油分を補い、バランスを保ってバリア機能” を守ります。

注意していただきたい点は、皮膚に刺激を与える成分が含まれているものを使わないこと、皮膚をますます過敏にしトラブルを招いてしまいます。

  1. からだの外から

アレルゲンが体内に侵入してしまうと、Th1細胞とTh2細胞、2つの免疫細胞のバランスが崩れてアレルギー反応が起こります。この崩れてしまったバランスを改善するのに有効なのが腸内環境を悪玉菌から善玉菌にする乳酸菌” になります。善玉菌は発酵食品からも摂取することができます。

また、アレルギー反応を引き起こしやすい人は、体内環境を改善するためにも、化学調味料や合成添加物の使用食品は避けたほうがよいでしょう。

アレルギー性湿疹の対策において、この2つのポイントは非常に有効ですのでしっかりと意識していきましょう。