赤ちゃん(乳幼児・新生児)の湿疹とアトピー

赤ちゃん(乳幼児・新生児)の湿疹とアトピー
湿疹が出始めたら、赤ちゃんにどのようなケアをしてあげるのが良いでしょうか?お母さんはまず、病院に連れてでしょう。でも、その日にはっきりとした原因を聞けることは少ないと思います。

「乳児湿疹ですね。アトピーにならないように、しっかりスキンケアをしてあげましょう。」

と大抵は言われるはずなのです。

それは、本当にあっという間に治ってしまう湿疹の場合も、アトピーだなあ・・という場合も、お医者さまは、そんな風におっしゃると思います。もし、仮にその子の乳児湿疹がアトピーかもしれないなと思っても、その場では医師も口に出せないのです。それは何故なのでしょうか。

「アトピー性皮膚炎診断の定義」とは

医学会では、「アトピー性皮膚炎診断の定義」というのがあります。

医師は、基本的には初めて診察してから少なくとも2ヶ月くらいは様子をみないと、 “アトピー” という診断をすることができないそうなのです。また、2ヶ月もすれば、すっかり良くなってしまうケースが多いのが、乳幼児の湿疹なのです。

アトピー性皮膚炎であれ、すぐ治るといわれる乳児湿疹であれ、湿疹が何なのかはっきりしないこの期間は、母親にとってはとても辛い時期です。そして、家庭でできる限りのケアをして、最善をつくさなくてはならないとても大切な時期でもあります。

乳児湿疹

一般的に、湿疹と湿疹の間が離れている、赤みが少ない湿疹は、多くは半年前後で治ってしまう、いわゆる「乳児湿疹」だと言われています。

この湿疹は、食物アレルギーは全く関係なく(お母さんの母乳に皮膚の状態が影響されません)、良い状態や悪い状態があっても、きれいになっていくケースがほとんどです。

赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方

脂漏性湿疹

名前のとおり、脂性の強い湿疹で、時には黄色っぽいべたべたした汁が出たりします。やさしい(皮膚や環境にやさしい)せっけんを、よく泡立て毎日洗ってあげればすぐによくなる湿疹です。

アトピー性皮膚炎

湿疹が数ヶ月続き、赤みが強く皮膚が腫れているように盛り上がったり、耳切れなどの症状が見られ首や肩などにも広がる傾向が強い場合は、アトピー性皮膚炎と診断されるケースが多いようです。痒みが強いのも特徴です。
お母さんの母乳に影響されることが多いので、お母さんも食べ物に気をつけましょう。

かぶれ

口の周りや頬、あごが赤く痛痒そうになっているのは、ほとんどは「かぶれ」です。赤ちゃんの肌は想像以上にデリケートで、ミルクやよだれなどをつけたままにすれば、あっという間に真っ赤になってしまいます。