赤ちゃんのアレルギー疾患、慢性化させない重要なポイント

赤ちゃんのアレルギー疾患、慢性化させない重要なポイント

食物アレルギーやアレルギー皮膚炎をはじめとする赤ちゃんのアレルギー疾患。ママにとっては初めての経験も多く、とても心配が多いものです。

その反面、赤ちゃんの食物アレルギーやアレルギー皮膚炎は「年齢とともに治まってくるから心配ない」というような声も聞かれますが、ほんとうでしょうか?

実はこれらのアレルギー疾患は、ケアの方法など些細なことで、慢性的なアレルギー性皮膚炎に発展したり、将来他のアレルギー疾患にかかりやすくなったりするといわれています。

赤ちゃんのアレルギー疾患はなぜおきるのか?

はじめに「赤ちゃんのアレルギー疾患はどうしておきるのか」をよく理解しておかなければなりません。

人は体内にアレルゲンが侵入すると、これに対抗するため「免疫細胞」が働きだします。アレルゲンの侵入経路には、経口と経皮(皮膚)の2種類の経路があります。
例えば食物アレルギ―であっても、経口だけでなく経皮(皮膚)からも侵入することがあります。

アレルゲンに対抗するための「免疫細胞」には、「Th1」「Th2」の2種類あり、通常はこの2種類のバランスが取れて働いていますが、アレルギー疾患の人の場合では「Th2」が過剰に動き、その結果としてアレルギー反応を起こしてしまいます。

そして、赤ちゃんはまだまだ「お肌のバリア機能」が弱いため、お肌が刺激され炎症や痒みといった症状になって現れるのです。

赤ちゃんのアレルギー疾患を慢性化させないための注意点

そして、赤ちゃんのアレルギー疾患は「年齢とともに治まりやすい」といわれる理由は、弱かった「お肌のバリア機能」が成長とともにだんだん強くなってくるからだと考えられています。

赤ちゃんのアレルギー疾患が慢性化するかしないかのポイントも、実はここに隠されていました。

赤ちゃんの体の機能がまだまだ未熟なために現れてしまったアレルギー疾患ですが、そのアレルギー反応による免疫バランスの崩れはさらなる「免疫バランスの崩れ」を、そしてお肌の痒みや炎症はさらなる「お肌のバリア機能低下」を呼び込んでしまうといわれています。

成長による免疫力の強化やバリア機能の強化の速度を、これらの悪影響が上回ってしまうことがあるのです。その結果、アレルギー疾患が慢性化したり、将来他のアレルギー疾患にかかりやすくなったりするのです。

そのため医療の現場でも、とにかく早期の治療が叫ばれています。一度慢性化するととても治りにくくなってしまうからです。

赤ちゃんのアレルギー疾患を慢性化させないために大切なことは、炎症や痒みの症状がでたらすぐに処方されたステロイド外用薬などで症状を抑え込むこと。

そしてそれと並行して、根本的に免疫バランスを改善し、“お肌のバリア機能” を回復させてあげることです。