脱ステロイドの必要性と方法

脱ステロイドの必要性と方法

なぜ、ステロイドを止めなくてはいけないのか。

病院などで処方されるステロイド薬。
決して体に悪い訳でもありませんし皮膚炎に対して効果がない訳ではありません。
問題は「ステロイドの常習制」にあります。

ステロイド薬は急に止めると体が成分を欲しがり逆に悪化させます。
これをリバウンド症状といい、多くのアトピー性皮膚炎患者さんを悩ませる点でもあります。

さらにステロイド薬を用いる方法を対処療法といい改善を目的としたものではなく症状を落ち着かせる為になるので皮膚の悪化環境に陥るとすぐに再発してしまいます。
そのような状態を脱する為にステロイド薬を必要としない体作りや根本的な改善をはかる”脱ステロイド”が必要という声が研究機関を中心として年々増えてきています。

脱ステロイドの方法

いきなり塗布を止めるとリバウンド症状が起きてしまいます。
少しづつ塗布量を減らして体に慣らさせてから、また量を減らすという繰り返しです。
しかしその際に出てくるのが「痒み」です。

そこで掻いてしまったら状態はまた悪化してしまいますし本末転倒です。
痒みを抑える、我慢しつつ脱ステロイドをする必要があります。

痒みを抑えるには

皮膚にはマラセチア菌という真菌が常在しそのマラセチアが生成する特殊なたんぱく質が”ヒスタミン”という痒みを起す物質を産生してしまうのです。
このヒスタミンを産生するたんぱく質だけを除去する必要があります。
それにはタンパク質分解成分である「酵素」の力がとても重要になります。

赤みやかゆみが起きると、肌を掻いてしまうことできれいなお肌に生まれ変わろうとするターンオーバーの邪魔をしてしまいます。
タンパク質を酵素で分解し肌から除去することがとても重要なります。