非ステロイドを使用するデメリット、その補填方法

非ステロイドを使用するデメリット、その補填方法

ステロイドではない抗炎症薬すべてを非ステロイド薬と呼び、抗炎症剤・保湿剤・免疫抑制剤などがあります。どういう効能があるのでしょうか。

非ステロイド薬とは

「非」ステロイドと言うだけあり、ステロイドではありません。
そのためステロイドの副作用を懸念する方が、非ステロイドでの治療を検討されることも多いです。
しかしステロイドに比べて効き目が弱い分、副作用が少なくなるだけですので、全くないとは言い切れないのです。

また効果が期待できるのは、帯状疱疹など短期間で治る症状です。
残念ながらアトピー性皮膚炎のような”慢性疾患には適切ではない“ようですね。海外では効果無しとしてほとんど使用されていないお薬ですが、日本では保険診療内で抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬を主に用いています。

痒みを抑えたら

お薬を使用してその場の痒みを抑えることは大切です。
なぜなら、掻くとお肌のバリア機能が壊れ、ターンオーバーという皮膚の生まれ変わりが正常に行われなくなるからです。

しかし、痒みを抑えるだけでは症状の改善にはなりません。
みなさんは痒みの原因をご存じですか?

実はカビの一種「マラセチア菌」が作り出すたんぱく質だったのです。これを取り除かないことにはアトピーの症状は改善されません。お薬で痒みを抑えつつ原因除去もおこなうことが、健康なお肌作りには大切です。