アレルギーを引き起こすと言われる食べ物を知っておく

アレルギーを引き起こすと言われる食べ物を知っておく

湿疹や鼻炎、ひどい場合は呼吸困難なども起こるアレルギー症状。
原因は体内に細菌などが入った時、それを攻撃するよう作られる抗体が過剰に反応することです。

どんなアレルゲンがあるのか

世界ではたくさんのアレルゲンが確認されていて、現在まで動物性や食物性、化学物質など650種類以上が確認されています。
珍しいものでは寒冷アレルギー、水アレルギー、ラテックスアレルギー等があります。日本ではダニ、ネコ、スギ花粉などが一般的で多くの人が知っているアレルゲンです。

身近なアレルギー

先程紹介したダニ、ネコ、スギ花粉などが身近なアレルゲンですがここでは“食物性のアレルゲン”を紹介致します。

日本では「特定原材料」として指定する品目についてえび、かに、卵、乳、小麦、そば、落花生、鶏肉、バナナ、豚肉、大豆などが症例数が多い事や重篤な症状が出るため表示が義務づけられている品目です。
これらは普段の食事などで摂取することの多い身近なアレルゲンです。

食物性アレルゲンの回避

食物性アレルゲンとなる食材を摂取しないようにすることが回避につながります。
加工食品などは特定原材料の表記を確認することも大切です。

うまくアレルギーと付き合うには加工食品を控えて新鮮な食品を選び必要な栄養素は代替え食品でとりましょう。また生の食材はアレルギーが出やすいため火を通し自炊などを心がけて食生活を楽しみながら付き合っていきましょう。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter