アレルギー検査は信頼できるのか??

アレルギー検査は信頼できるのか??

確定診断がされにくい、乳幼児のアレルギー疾患。アレルゲンが特定されないとどの程度食事制限をすればよいかの判断も出来ないなど、不安がつきものです。
乳幼児のアレルギー検査の種類とその特徴、そしてその対策を考えてみましょう。

乳幼児のアレルギー検査の種類とその特徴

・血液検査(RAST)
有効な検査法ですが、これのみで食物アレルギーを診断できない。
・皮膚テスト(プリックテスト)
擬陽性が多いため、これのみで食物アレルギーを診断できない。
・経口負荷試験
最も確実な方法ですが、乳幼児に負担がかかります。

陰性でも油断は禁物

食物アレルギーの検査といえば”血液検査(RAST)”をまっさきに思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

血液検査は食物アレルギーを調べるためにとても有効な手段ですが、これだけでは診断できないということを理解しておかなければなりません。食物アレルギーには、IgE抗体が重要になるI型と、IgE抗体が重要にならない非I型とがあり、血液検査で陰性であっても食物アレルギーである場合があります。

逆に食物アレルギーが改善していて食事の制限をしなくてもよい状態であっても、多くの場合血液検査では陰性化しません。皮膚テストでは、血液検査の項目にないものも検査することができますが、血液検査に比べ陽性率が高い傾向にあり擬陽性が多いという弱点があります。
最終的には、これら血液検査や皮膚テストをある程度の参考にして、経口負荷試験で診断するというのが最も確実な方法とされています。

アレルギー疾患は陽性でも何もおこらない

アレルギー疾患は検査上で陽性であっても何も症状がおこらないこともよくあります。(もちろんその場合はアレルギー疾患ではないので治療の必要はありません。)
その理由は、アレルゲンに対して反応はするものの免疫のバランスがしっかり調整が取れているので結果として症状がおこらない、いわば正常な状態であるからです。

検査でアレルギー疾患であることが判明した場合に受ける治療は、炎症や痒みの一時的な緩和をねらったお薬やステロイド外用薬以外には、アレルゲンの除去~様子をみて負荷してみるといった治療が一般的で、平たくいえば経過観察が現在の一般的な治療法です。

もちろんアレルゲンの除去~負荷テストというのは、症状をコントロールするうえでとても大切なことですが、それにも増していかに免疫バランスを改善するかということが重要なこととなります。
しかし残念ながら我が国の医療では、肝心な免疫バランスの改善に対する治療はまだおこなわれていません。

除去~負荷でしっかり症状をコントロールしながら、同時にしっかり自分の力で免疫バランスの改善に努めるというのが、アレルギー疾患克服の一番の近道なのではないでしょうか。