辛いアトピーのかゆみを抑える効果的な対策

辛いアトピーのかゆみを抑える効果的な対策

 掻けば悪化してしまうアトピーのかゆみ

掻いて傷つくと余計にかゆみが増し悪化してしまうアトピーのかゆみ、そのかゆみを抑える対策をご紹介します。


・患部を冷やすこと

掻きたくて我慢出来ない時、ます患部を冷やしましょう。室温を下げたり、保冷剤などの冷たいものを柔らかい布で包んで患部に当てたり、部分的に冷やすだけでかゆみは改善されます。

・別のことに意識をもっていく

掻きだすと止まらなくなる時があります。そんな時は、別のことを考えて意識をそらすことが効果的です。好きな本や雑誌を読んだりゲームをしたりしてかゆみとは別のことに意識を集中させましょう。

・爪を短くする
掻いても悪化させない為に爪を短くしておきます。理想としては深爪になるくらいで、角を丁寧にやすりで削っておくと掻いても傷になりません。週に1度程度は手入れをしておくと良いでしょう。
また、掻いたあとはしっかり外用薬・保湿剤を塗って治療しておきましょう。

なぜ掻くと余計にかゆみが増し悪化してしまうのでしょうか?

掻けば掻くほど悪化する原因は、強く掻いてしまうと皮膚の細胞などからさまざまな炎症を促す物質やかゆみ神経を刺激する物質が出て、結果的に皮膚炎が悪化したり、かゆみが増したりします。

また、痛みがするまで掻いた皮膚ではバリア機能までが失われて、皮がむけたりしるや血が出て良くないことです。バリア機能の弱まった皮膚からは”アレルゲン”が入りやすく、ちょっとしたことが皮膚への刺激になりかゆみ神経が過敏に反応してますますかゆくなります。

かゆみを抑える対策としては、患部を冷やし別のことへ意識を向け爪を短くする。また、掻いたあとはしっかりと外用薬・保湿剤を塗って治療するようにしましょう。

 

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter