LG92乳酸菌でアトピーが治る?

LG92乳酸菌でアトピーが治る?

LG92乳酸菌

アレルギー症状を引き起こすIgE抗体を抑制する作用を持った乳酸菌がカルピス社が発見した「ラクトバチルス・アシドフィルス L92株(L-92乳酸菌)」です。「L-92乳酸菌」と動物細胞を使った近年の研究では、「L-92乳酸菌」が「Th1」を活性化し、「Th2」を抑制 するという働きが認められています。
また別の研究でも、「L-92乳酸菌」が、多すぎる「Th2」を自然死へと導き、その働きを抑制したという結果が確認 されています。乳酸菌自体、人間にとってとても良い成分であり、特にLG92乳酸菌は体の中から強くすることができます。体の外だけでなくそして中も強くしたい!と言う方が増えています。
体の中からはカルピス社のLG92乳酸菌、大人も子供も「体の内外」からしっかり強くするという意味で私たちはとてもいいアトピー対策だと考えています。アレルギーはカラダの免疫システムそのものの不調であるため、特効薬がなかなかできません。アレルギー症状を緩和するためには、生活習慣を見直しカラダ全体のバランスを整えながら、内側から強くすることが大切です。
しかし内側から強くするだけでは、根本的な完治にはなりません。

完治を目指すには?

近年、広島大学ではマラセチア菌が産生するタンパク質が原因と解明されました。
人の皮膚に広く付着しているマラセチア菌と呼ばれるカビの一種によって作り出されたタンパク質が汗に溶け込み、体内に入ることでアレルギー反応を起こします。体内に侵入した異物に反応するタンパク質「IgE」と結合した肥満細胞が、カビのタンパク質と結びつくとヒスタミンを放出し”はれやかゆみ”などが起こります。

このタンパク質を除去しないことには、そもそもの原因が取り除かれないため完治は難しくなります。

内側から腸内環境を整え、外側からタンパク質を除去しきれいなお肌作りを目指していきましょう。

 

身体の内側からも大切

でも根本的な外側から改善しないとよくならない

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter