食事で皮膚はかわる?アトピーの食事療法とは

食事で皮膚はかわる?アトピーの食事療法とは

過度な食事療法

人間が生きていくためのエネルギーのほとんどは毎日の食事から得ています。食事から私達の身体が作られているといっても過言ではありません。この食事療法ですが、過度に食事を制限しすぎるのもよくありません。

油はダメ、砂糖もダメ、野菜を中心に肉を控えてお米は~など制限を沢山かけていらっしゃる方もいらっしゃいます。もちろん、身体に良いことなので”食事療法”を行うこともいけないことではありません。

しかし、これまで食べてきた食事内容をガラっとかえることはストレスを感じてしまいます。ストレスはお肌の症状にも影響してくるので、いきなり全てをきっちり制限して食事療法を行うのではなく、少しずつできることから実践していきましょう。

食事療法でのストレス

食べられないストレス

制限する食材が多すぎれば調理することはもちろん、お金を出せばいくらでも買えるのに何も食べれないこともストレスとなります。

社会的な疎外感に悩まされるストレス

外食が出来なかったり、友人や親戚の会食も別メニュー、もしくは専用のお弁当を用意したりと人と違うことをするこにより疎外感を感じストレスともなります。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter