小児のアレルギー治療、今このタイミングが重要なのです

小児のアレルギー治療、今このタイミングが重要なのです

幼少時に発症しやすい、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患。食物アレルギーなどは成長とともに改善すると思われがちですが、実際には幼少時の早期の治療が非常に重要でした。

どうして乳幼児はアレルギー疾患にかかりやすいのか?

まずはじめに、アレルギー疾患の成り立ちを理解しておかなければなりません。アレルゲンの侵入経路には、経口と経皮(皮膚)の2種類の経路があります。例えば食物アレルギ―であっても、経口だけでなく経皮(皮膚)からも侵入します。

体内にアレルゲンが侵入するとこれに対抗するため「免疫細胞」が働きだします。免疫細胞には”「Th1」と「Th2」の2種類“あり、正常な人ではこの2種類のバランスが取れていますが、アレルギー性皮膚炎の人の場合では「Th2」が過剰に動き、その結果としてアレルギー反応を起こしてしまいます。
そしてバリア機能の衰えた肌が刺激され痒みや炎症という症状になって現れるのです。

そのうえで、どうして乳幼児はアレルギー疾患にかかりやすいのか?
それは乳幼児はまだ免疫バランスが安定していないことと、肌のバリア機能が低いことが原因です。

 

一度アレルギーを発症した子供は他のアレルギーにもかかりやすい?

小児でよく見られるアレルギー疾患には、食物アレルギーやアレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、結膜炎などがあります。食物アレルギーは1歳前後、アトピー性皮膚炎は乳児期と幼少期にピークがあり、その後徐々に改善傾向に向かうといわれています。
しかし、ここで油断してしっかりした根本的な治療を怠ってはいけません。

食物アレルギーやアレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎を発症した子供は、後に他のアレルギー疾患を発症するリスクが他の子に比べて高くなります。幼少時にどれだけ根本的な対策をとっておくかが、その後のアレルギー発症率や慢性化に大きく関わってくるのです。

 

アレルギー疾患は、どうして幼少時の根本対策が重要なのか

アレルギー疾患は、症状が長く続けば続くほど慢性化し治療反応が悪くなります。これがいわゆる難治化の原因です。先にも解説したとおり、「Th2」が過剰に動くバランスの崩れた状態は、さらなる免疫バランスの崩れを呼び込むのです。
また炎症や痒みの直接的な引き金となる肌のバリア機能の低下は、さらなる皮膚からのアレルゲン侵入を許し、炎症~痒みの悪循環に陥ってしまいます。免疫バランスの崩れや皮膚のバリア機能の低下が、許容値を超えて悪化することで慢性化や難治化がうまれるのです。
しかし現在一般的に処方される抗アレルギー薬やステロイド外用薬は、一時的な痒みや炎症を抑えるためのもので、免疫バランスや肌のバリア機能を回復するための治療ではありません。もちろん痒みや炎症の沈静もとても重要な治療ですが、同時にできるだけ早くに免疫バランスや肌のバリア機能の根本的な改善策をとっていかなければ、慢性化を避けることができないのです。