乳酸菌はアトピーに効くの?

乳酸菌はアトピーに効くの?

乳酸菌とアトピーの関係性

今ではスーパーやコンビニに行けば、乳酸菌を含むヨーグルトなどは多くあります。乳酸菌が直接アトピーに効くかどうかはわかりませんが、アレルギーに強い体質をつくるという目的で一度考えてみたいと思います。

アトピーの方は、胃腸があまり強くない方が多いですよね。腸には外敵から身を守るために、免疫細胞の60%以上が集中しています。
腸内環境が改善されると、腸の動きや消化も活発になり、体内に有害なものや、アレルゲンが入ってもうまく消化してくれます。つまり腸を健康状態に保つことは、アトピーを改善する上でとても大切なことなのです。

腸内環境の改善

免疫力の弱ってしまった腸は”有害物質を吸収して肌に悪影響”を及ぼし、アトピーが発生してしまう原因のひとつになります。
アトピーになりやすい人はアレルギーに対する過剰な免疫反応が原因とされています。腸内に悪玉菌が増殖して免疫機能が低下した場合、免疫細胞が混乱している状態となるので、アトピー症状が出やすくなっています。

そのアトピーを改善するためにも、腸内に善玉菌を増殖させて悪玉菌を減少させなければなりません。
そこで善玉菌を増やすには乳酸菌を摂取することが良いとされ、乳酸菌は酸性の物質を発生して善玉菌の棲息しやすい腸内環境を作り、賛成に弱い悪玉菌は減少し、正常なバランスの取れた腸内環境となります。

アトピー予防・改善

免疫機能を高め免疫細胞が正常に働くことでアレルギーに対してもしっかりと働きかけることになります。
腸内環境のバランスを保つことでアトピー発生を弱めたり、改善させやすくなったりします。アトピー予防・改善していくためにも、乳酸菌を摂取して腸内バランスを良好に保つことが非常に大切になります。