アトピーはストレスが悪化させる?

アトピーはストレスが悪化させる?

アトピー悪化の原因

アレルギーや環境悪化など様々な原因が影響するアトピー性皮膚炎。アトピー悪化の原因の一つには「ストレス」による影響もあるといわれています。

例えばアレルギー性皮膚炎を例にとって考えてみると、アレルゲンが侵入してIgE抗体蓄積して痒みや炎症を引き起こすそもそもの原因は免疫力の乱れだといわれています。免疫力とは最もストレスの影響を受けやすい機能なのです。
もちろん「ストレス」だけが原因でアトピー性皮膚炎を発症することはないでしょう。しかし、発症したアトピー性皮膚炎が悪化する”要因の一つ”には含まれているといえます。

治療による影響

よくアトピー性皮膚炎の温泉治療といったことが聞かれますが、実はこれは温泉の有効成分による影響よりも、むしろ温泉のリラックス効果が与える影響のほうが大きいともいわれています。また入院治療の利点の一つにも、仕事や学校、日常のストレスから開放されることがあげられています。

日常の生活でもアロマを取り入れて見たり、リラックスできる入浴法をみつけてみたり、できるだけストレスを解放できる環境づくりを工夫するとよいのではないでしょうか。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter