アレルギーの肌トラブルを改善するには?

アレルギーの肌トラブルを改善するには?

アレルギー肌とは

特定の物質にアレルギーをもっていて過敏な反応が起こる皮膚炎です。症状としては、特定の物質に触れた後に赤みや湿疹、腫れの症状があらわれ強いかゆみも生じてきます。
また、触れた部分のみならずその周囲に炎症が広がることが特徴としてあげられます。

なぜこのような症状が出るのでしょうか?

アレルギー物質が皮膚の角質層を通り抜けて侵入してくると、皮膚組織がアレルギー物質の侵入を伝え排除するために免疫反応が起こります。この免疫反応が過敏に働いて皮膚に炎症をもたらします。
アレルギー体質の人は、特定の物質に対する抗体が体内で生産されやすくなっているため症状がおきやすくなります。アレルギー肌の人は本来持ってる皮膚のバリア機能が低下し、アレルギー物質が侵入しやすい肌環境になっています。

アレルギー反応を防ぐにはどうすれば良いでしょうか?

アレルギーの原因物質からの刺激を受けにくくするために、本来肌が持っている”バリア機能を保つことが重要”です。肌の表面には保護膜がありこれがしっかり機能していれば外からの刺激を防ぐ役割を果たします。
乾燥する時期は、特に保湿外用薬などを用いることで肌のバリア機能を保つことができます。またアレルギー体質の人は体内環境を改善することも、アレルギー反応を防ぐ方法ではないでしょうか。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter