アトピーを体のバランスを整えて改善!?(鍼灸・整体・体操など)

アトピーを体のバランスを整えて改善!?(鍼灸・整体・体操など)

バランスで改善

最近、鍼灸・整体・体操やスイミングなどで体のバランスを整えて改善しようという考えがあります。アトピー性皮膚炎は様々な要因による免疫異常によってアレルギー反応を引き起こす疾患です。そこで鍼灸や整体・体操などで免疫バランスを整えようというのがこの基本的な考え方です。

鍼灸・整体・体操やスイミング、それぞれの特徴

鍼灸

鍼灸治療は、文字通り鍼や灸を使い様々なツボを刺激するという治療法です。ツボを刺激することで、自然治癒力や免疫力をアップさせるという働きがあると言われています。
しかしながら1回の治療だけではなかなか効果は見込めず”継続“しなければなりません。また自分で治療することはできないので、自分によくあった鍼灸治療院を探しあてて気長に通うのがよいのではないでしょうか。

整体

体のゆがみは血管を細くし,その結果として免疫バランスが崩れアレルギー疾患を含む様々な疾患をうみだしてしまうというのが整体の基本的な考え方です。体のゆがみを矯正することで血流を良くし、免疫バランスを整え肌の再生機能を促進するという試みです。

これも鍼灸同様に短期間で効果が見込めるものではありませんので、やはり気長な継続ということが大切です。

体操・スイミング

体操やスイミングをアトピー治療に取り入れる理由も、鍼灸・整体と同様に、体の緊張やコリをほぐすことで血流をよくし、免疫力のバランスを整え自然治癒力を高めるという考え方です。体操は鍼灸・整体と違い、自分のペースで自分一人でできるという利点があります。
ストレッチ体操やラジオ体操など毎日続けることは根気が必要ですが、習慣として毎日空いた時間に行うことが症状軽減の第一歩なのかもしれません。

自然治癒力

鍼灸・整体・体操・スイミングなど、すべて血流を改善し免疫力のバランスを整え自然治癒力を高めるという考えが基本となっています。
これは、アトピー性皮膚炎だけでなく他の様々な疾患予防にもつながる考え方ですが、共通していえることはどうしても気長な継続が必要だということです。

一方でアトピー性皮膚炎は、刺激となる過酸化脂質や炎症や痒みに対してできるだけ早い対処が求められる疾患です。なぜなら過酸化脂質や炎症や痒みは、さらなる症状悪化をうみだし慢性化への引き金となってしまうからです。

総合すると、まずは過酸化脂質や炎症・痒みなどの諸症状の沈静をしっかりはかり、その上で継続的に適度な体操などを取り入れて体質改善を目指すというのが正解なのではないでしょうか。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter