ビフィズス菌の仲間、放線菌ってなに?

ビフィズス菌の仲間、放線菌ってなに?

腸内環境もアトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因はまだ解明されておらず、食事・ストレス・環境の変化など、さまざまな原因が考えられます。
そんな中、最近では腸内環境も原因のひとつといわれております。腸内には約100兆個の細菌が住みついており、大きく“善玉菌”“悪玉菌”の2つにわかれます。この菌がバランスよく存在しているときは、健康が保たれます。

善玉菌と悪玉菌

善玉菌とは腸内を酸性にし外からの有害な菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めてくれます。
悪玉菌は腸内をアルカリ性にし身体の抵抗力を弱めます。

食習慣などが乱れると悪玉菌の勢力が強くなり、善玉菌が減ってしまい様々な病気になってしまいます。
腸内バランスが崩れることにより、アトピーの発症にも深くかかわっているといわれています。

そこで、腸内環境を整える“放線菌”が活躍します。

放射菌とは?

放線菌は、抗生物質をつくりだす働きをもっているため、善玉菌・悪玉菌のバランスを保つ重要な役割をもっています。
よく耳にする善玉ビフィズス菌も、この放線菌類の一種です。ビフィズス菌をはじめとする放線菌を意識的に摂取することで腸内環境を整えることが可能です。

アトピー性皮膚炎対策に非常に大きな役割を担っているのです。