ヨーグルト(乳酸菌)に期待するアトピー抑制の効果とは?

ヨーグルト(乳酸菌)に期待するアトピー抑制の効果とは?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌がアトピー抑制

各食品メーカーからさまざまな種類のヨーグルトが発売され店頭に並んでいます。
近年ヨーグルトに含まれる菌の研究が進みヨーグルトに含まれる乳酸菌・ビフィズス菌がアトピーの抑制に期待できるという。ヨーグルトに含まれる乳酸菌の期待できる効果として、腸内環境のバランスを変える善玉菌を増やしてバランスを整えて、結果的に免疫力アップにつながります。

腸内環境でアトピー改善

アトピー性皮膚炎の患者は腸内環境が悪いという話があります。腸内環境が悪くなると免疫が正常に機能しなくなってしまいます。アトピーとは免疫機能の異常によって発症するものなので、腸内環境の悪化が非常に影響を及ぼすわけです。
摂取の目安として、1日200gを目安に1週間~10日間食べ続けて自分に合ったヨーグルトを選びましょう。ただし注意しておきたいのは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌はアトピーの症状の抑制や緩和といった効果が期待できますが、根本的にアトピーを治すことができるというわけではありません。根本的にアトピーを治すには、酸化してしまった体内の環境を整えるアレルゲン体質を改善する必要があるでしょう。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter