離乳食や幼児食の食材選び

離乳食や幼児食の食材選び

乳幼児の食材選び

離乳食や幼児食を進めるときに、最も不安になるのが「食材選び」です。
特にアトピー症状があるお子様の場合は更に深刻です。アレルギーを起こしやすい食物は避けなければいけませんが、毎回同じ食事でもいけません。そこでアレルギー対応食を考える上で、とても役に立つのが食物抗原強弱表(東京医大式食物抗原強弱表 )というものです。

食物抗原強弱表とは

食物抗原強弱表には数種類あります。もっとも有名なのが、東京医大方式食物抗原強弱表です。
東京医大方式食物抗原強弱表とは、松延正之先生と千葉友幸先生らが発表された食物を穀物、野菜、果物など食品群に分け、抗原性の低い順に並べた独自の食物抗原の強弱(抗原度)表です。

離乳食を開始するにあたっては、抗原度が1~2のクラスからはじめていきます。
(表についてはインターネットで直ぐに見つかりますので「食物抗原強弱表」で検索して下さい)

正しく利用して有効に活用しましょう

この「東京医大方式食物抗原強弱表」は食事を制限するために作られたものではありません
食品を3~5日の間隔をおいて摂取し、新たなアレルゲンを作ることがないようにし、何を食べることができて何を食べられないかを見極めるための素材選びの進め方の参考となる表です。
つまり食べ物をどんどん除去する為のものではなく、食べることができる食品を増やすことを目的としている表ですので注意が必要です。 

必ずお医者さんの指導のもと行なってください。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter