アトピー用寝具の選び方

アトピー用寝具の選び方

毎日使うものだからこそこだわりたい寝具。

現在”アトピーのための布団やピロー(枕)“も多く、初めて購入したものが合わなかったり、買い変えたりといったことも少なくないと思います。
しかし、アトピー用寝具は決して安くはなく、より慎重になりますね。

アトピー用の布団やピロー(枕)の素材について、それぞれの特性をあげてみました。

———————————————————————————————————————
●ミクロガード:超極細繊で高密度に織り上げられており、ダニの侵入を完全に遮断。
●ダニゼロック:綿100%で、肌触り、通気性、保湿性に優れている。
●ダニクリーン:ダニの忌避効果があり、ダニを寄せ付けない
●アルファイン:吸水性、速乾性に優れ、睡眠中に出る汗を素早く吸収・発散してくれる。
●ケパック:防臭、抗菌効果があり、菌が繁殖しにくい。
———————————————————————————————————————

このように機能性の優れたものは多くございます。
しかし、どんなに優れた素材を選んだとしてもお手入れは不可欠です。
購入の際はお手入れの方法をしっかり把握しておくことも大切ですね。

メリットとデメリットを知っておこう。

どんな優れた製品にもメリットとデメリットはつきものになります。
少し例をあげてみますのでご参考にしてみて下さい。

———————————————————————————————————————

・オーガニックコットン(無農薬有機栽培の綿)のものでも、ポストハーベスト(収穫後の農薬使用)の心配が残る。
・肌にやさしい綿素材のものは、ポリエステルに比べダニのエサになりやすい。洗濯をきちんとすることは欠かせない。
・密度の高い繊維を使った布団はダニが布団に入り込まないという利点はあるが、通気性が悪くなる。干す回数を多くするなどの配慮が必要。
また肌触りという点からも密度の高い 繊維のものは、冷たいと感じることがあったり、汗をかいたときに肌に貼り付く感じがすることもある。

———————————————————————————————————————

1日24時間のうち3分の1という長い時間を過ごす寝具の環境は、アレルギー対策の大きな部分を占めるものです。
私たち人間にとって睡眠が大切なものである事は既にご承知の通り。人は眠っている間に成長したり、病を治すホルモンを出したり、免疫力を回復する事も判ってきています。
だからこそこだわっていきたいですよね。