脱ステロイドによるリバウントをうまく乗り切るために

脱ステロイドによるリバウントをうまく乗り切るために

脱ステロイドによるリバウンド症状

リバウンド症状はステロイドの使用をやめた後、つまり脱ステロイドによりおこります。ステロイドの副作用を恐れ、脱ステをおこなったはずでも、次はリバウンドが待っているのです。
残念ながら長期のステロイド使用、そして脱ステによるリバウンドは避けては通れない道なのです。
リバウンドの症状はさまざまですが、アトピー特有の症状(湿疹、かゆみ、皮膚の炎症等)、その他にも激しい頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気などの症状が出ることもあります。
リバウンドを乗り切るには、まずきちんと身体と心の管理を行うことです。つまり十分な睡眠、栄養のバランスの取れた食事を取ること、そして精神的、身体的なストレスを避けることです。

脱ステロイドの恐怖

「ステロイド剤の副作用への恐怖」と「症状が改善するという」という漠然とした情報から始めてしまう脱ステロイドですが、体質をも変えてしまうほどの変化がおこりうります。
また「脱ステロイドでは、アトピー性皮膚炎は治りません」
良く考えてみてください。もし脱ステロイドを行って治るのであれば、初めから治療そのものをする必要性がありません
脱ステロイドとは、ただの治療の「放棄」に他なりません。そして多くの人は、脱ステロイドで悪化しています。