ステロイドの副作用はこわい?アトピーへの影響とは

ステロイドの副作用はこわい?アトピーへの影響とは

ステロイドのアトピーへの影響

「ステロイドの副作用が怖い」
「できれば使いたくない」

ステロイドに関することと言えば、副作用に関して昔から言われてきた言葉ではないでしょうか。

ステロイドの副作用

皮膚萎縮
毛細血管拡張
多毛
副腎皮質機能低下
ステロイド潮紅
白内障
緑内障
接触皮膚炎

などが挙げられます。

こういった副作用や脱ステロイド時のリバウンド症状を聞くとステロイドを使いたくないと思ってしまいますが、アトピー性皮膚炎を治していく過程でもステロイドは大切な役割を保つ場合もあります。
ステロイドを使用することによって、痒みや悪化した症状を鎮めることができます。痒みを我慢することはストレスにも繋がるのでストレスから別のアトピー症状が出てきてしまうこともあるのです。もちろん使用する際には医師の説明をよく聞き、ステロイドの強さや使用量などに疑問を感じた場合はすぐに質問して納得のうえで使用しましょう。

ステロイドを上手に使えばアトピー性皮膚炎の症状も改善へ向かいます。ステロイドだけでは根本改善にはなりませんので、アトピー性皮膚炎の原因とも言われている”過酸化脂質“の除去を行い、皮膚本来のバリア機能を回復させて症状に負けない強い肌作りを目指しましょう。