化粧前にクリームを塗布するべきか否か

化粧前にクリームを塗布するべきか否か

アトピー性皮膚炎の方に限らず、顔に何らかの症状が出ている時はお化粧をしてよいのか不安になると思います。

『お肌に負担をかけたくない。けれどお化粧はしたい』そんな時、お肌へ負荷を与えずお化粧をすることは可能なのでしょうか。

 

クリームの役割

顔の皮膚は体に比べて薄く、水分が逃げてしまいやすい構造です。いくらたっぷり化粧水を与えても、蒸発してしまったら保湿の意味がありません。

クリームは毛穴から水分が逃げないよう、油膜でフタをする大切な役割を担っています。

スキンケアの順番

赤み・痒み・かさつきなどの症状が出ている時は、お肌のバリア機能がダメージを受けています。
まずはお肌の調子を整えましょう。

洗う

皮膚に残った汗や汚れは刺激の元となり、肌トラブルの原因になります。刺激の少ない石鹸で汚れを落とし、肌を清潔に保ちましょう。過度な洗浄はお肌にダメージを与えるので、石鹸選びにも気を付けて下さいね。

保湿

肌が潤いを蓄えてバリア機能を高められるよう、化粧水でたっぷりと水分補給してください。美容液で栄養素をプラスするのも良いですね。

守る

水分が蒸発しないよう、クリームでお肌に油膜を張ります。ほこりなど外部からの刺激物が直接お肌に触れないよう防ぐ効果もあります。お化粧品には防腐剤・保存料・香料・タール色素など、トラブルが起きているお肌に負担を与える成分が多く含まれています。これらが直接お肌に触れないようにするためにも、クリームを有効的に活用して下さい。