化粧品にも気を使いつつ、肌用クリームも使いたい

化粧品にも気を使いつつ、肌用クリームも使いたい

お肌が敏感な方は、敏感肌用の化粧品を使用しても合わないことがありますよね。製品に含まれる何らかの物質に反応し、強くしみる・赤くなるなど、症状が悪化してしまう場合もあります。失敗しないお化粧品選びのコツはあるのでしょうか。

 

 

敏感肌の化粧品選び

まず『化学物質が入っていない』『無添加』の製品を選びましょう。ここで大切になるのが、何が添加されていないのかを見極めることです。さらに成分表記を見て、その成分をどうやって得ているのかを確認することも大切になります。多くは化学物質で分解したり、抽出したりして有効成分を得ます。これは正真正銘の無添加とは言えません。

安全なお化粧品を選べたら、次は使用する手順です。

化粧方法と使用順番

一般的な化粧の手順は、洗顔・スキンケア→下地→ファンデーションとなりますが、洗顔・スキンケア→肌用クリーム→ファンデーションというように肌用クリームを下地代わりにご使用されている方が多くいらっしゃいます。

アトピー肌は、なるべくお化粧は避けた方が効果的なのでポイントメイクをオススメします。