湿疹、かぶれは根本的に治さなければ意味がない

湿疹、かぶれは根本的に治さなければ意味がない

湿疹・かぶれ等の治療法とは

アトピー性皮膚炎による湿疹かぶれは痒みを引き起こし、見た目にも目立ってしまいます。そこで現在、医療現場等で主流になっているのがステロイド薬などです。抗炎症作用や痒みを抑える効果がありステロイドの数は増えましたが根本的な治療方法は昔と変わりません。

 

ステロイド薬の落とし穴

アトピー治療の主流となっていますが、副作用という問題があります。体内のステロイド量を増やしているので身体がそれに慣れてしまい薬による供給が止まるとさらに状態が悪化してしまいます。そしてこの治療法が「対処療法」でしかないということです。

痒みを一時的に抑えるだけであって原因を改善する訳ではないので極端にいうとずっと使い続けなくてはいけません。その状態から脱する為に、脱ステロイドなど行うこともありますが難しく副作用によって症状が悪化してしまい時間がかかるケースも少なくありません。

根本の原因を取り除く

アトピー改善の第一歩、それは痒みを取り除き悪化を防ぐことです。痒みの原因、それは“ヒスタミン”という成分でアトピー肌には非常に多く常在しています。この過剰なヒスタミンが産生される原因がマラセチア菌という真菌が作り出すたんぱく質です。

このたんぱく質とマラセチア菌をなくすことができれば、痒みを取りくことができるのです。痒みさえ抑えることができれば、肌の保湿やターンオーバーにより今までよりも早いペースで効果的な改善を見込めると言えるでしょう。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter