漢方だけでは対処しにくいアトピー性皮膚炎

漢方だけでは対処しにくいアトピー性皮膚炎

漢方だけでは対処しにくいアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は治療法が確立されていない慢性疾患です。その為、効果的だといわれている治療方法も多岐に渡っています。漢方薬もその一部として、治療に取入れられることがめずらしくなくなりました。

 

主に処方される漢方薬の種類

補中益気湯(ほちゅうえっきとう) アレルギー反応を緩和する
黄連解毒湯(おうれんげどくとう) 身体が温まり上半身に出てくるアトピーに適応
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう) 炎症をともなう湿疹に適応
白虎湯(びゃっことう) アトピーの痒みに用います
滋陰降火湯(じいんこうかとう) 皮膚が赤黒く乾燥している方へ処方

漢方薬の効果

漢方は長期間飲み続ける事で、少しずつ体質改善を目指すものです。また、証という「飲用する人の状態をあらわすもの」に基づいて処方される為、この証がピタリと合わないと効果を期待いただけません。根気強く続けることが前提になるので、その間に起こる痒み・赤みなどの症状はステロイドなどの薬に頼らざるを得ない人もいます。

原因を取り除きましょう

アトピーで何より辛いのは繰り返す痒みです。しかし、掻き壊してしまうとターンオーバーが正常に起きなくなり、お肌の再生が遅れてしまいます。古い角質は再び痒みのもとになるので悪循環ですね。

この痒みを断ち切るには、原因であるヒスタミンという成分が産生されないようにする事が大切です。ヒスタミンはお肌に常在するマラセチア菌というカビが作り出すたんぱく質によって産生されます。まずはこのたんぱく質を除去する事ができれば、痒みに悩まされることなく体質改善に集中できるのではないでしょうか。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter