様々な治療でいったいどれが正しいのか検証

様々な治療でいったいどれが正しいのか検証

大人のアトピーの治療方法と自宅で行える療法

お肌の表面は約1ヶ月で生まれ変わります。生まれ変わることによって原因であるタンパク質などを取り除いています。しかし食生活の乱れなどでお肌の生まれ変わりがうまく行えないと本来は除去されるはずの汚れなどが溜まり、それが痒みの原因となります。

 

病院ではステロイド薬やプロトピック軟膏、抗アレルギー剤が処方され薬で痒みを抑えて保湿する方法が一般的です。自宅でできることは、お肌の生まれ変わりをしっかり行えるよう食生活を見直し体質改善のために栄養バランスの良い食事をとることです。

お肌が敏感で洗剤や化粧品に反応し乾燥や痒みが増すこともあります。また、汚れなど余分なものがお肌に付着していると痒みが起きます。お肌を清潔に保ち、しっかり保湿をして保護してあげることで痒みなどが抑えられます。

必ずしも完治するということではないです。

規則正しい生活や栄養バランスの取れた食生活はもちろん漢方、温泉療法、サプリメント、化粧品などありますがどれも対処療法であり根本を治す方法ではありません。自分に合わない方法を続けると悪化につながることもあります。

アトピーの新しい原因

アトピー性皮膚炎の原因は、今までダニや気候、食事、体質、ストレスなど様々なものがありましたが、最近、新たに原因とされるものがわかりました。

新しい原因として、人の皮膚に付着しているカビから作り出されるタンパク質が汗に溶け出し体内に侵入した異物に反応するタンパク質と結びつくことで“アレルギー反応”が起こるというものです。汗がアトピーを悪化させると言われてはいましたが、皮膚表面のカビが作り出すタンパク質がアレルギー反応を引き起こすとは知られていませんでした。

新しい原因のタンパク質は除去できるのか!?

肌表面のタンパク質を除去するには、やはりお肌を清潔に保つことや体質改善が不可欠です。ターンオーバーを利用して肌の余分なものを取り除くためにもピーリングなどを活用する方法もあります。

ただ、日々カビ由来のタンパク質は作られるので完治は難しいかもしれません。毎日少しずつ続けられる方法を継続することで症状の軽減が期待できます。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter