病院ではステロイド処方がほとんど。効果はどれほど?

病院ではステロイド処方がほとんど。効果はどれほど?

病院で行う皮膚炎治療

一般的な治療方法は下記2つです。

・保湿でお肌の乾燥を防ぐ
・アトピーの炎症を抑える為のステロイド外用薬

ステロイドはその効果は強さに応じて様々で、患者さんの症状に合わせて処方されています。

 

ステロイド治療の落とし穴

痒みを抑える即効性があるので、痒みを伴う症状に悩まされている方には有効的です。しかし、体質改善や根治を目的としている薬ではないため、あくまでも対処療法にしかなりません。また、肌の様子を見ながら少しずつ量を減らすよう気をつけないと薬の使用をやめたとたん猛烈な痒みに襲われることがあります。

最新の治療を行えない医師

知識や経験に基づいた判断で治療を行っているために最新の治療を行えない医師も少なくはありません。アトピー性皮膚炎の治療方法が確立されていない現在では医師の考え方によって治療方法は限られてしまいます。そのため、アトピー治療としてステロイドだけが保険適用などと言う医師もいます。実際はそのような事はなく、一部の漢方は保険適用されることもあります。病院で処方されるステロイドだけに頼らずご自身で選んだ商品を併用するというケアが一般的になっています。

そもそも痒みの原因とは?

アトピー性皮膚炎の人の汗にはヒスタミンが増える原因の“マラセチア”というカビの一種ということが解明されました。マラセチアが作るたんぱく質の一種にヒスタミンが多く含まれているためアレルギー反応が起こってしまうのです。

アトピー性皮膚炎の肌は、通常の肌に比べてマラセチアの数が多いこともわかっています。そのため汗の中にヒスタミンが増えてしまいます。その原因物質となっているマラセチア菌を還元することができれば痒みの原因も取り除くことができるということになります。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter