ヒルドイドで乾燥・アトピー性皮膚炎対策

ヒルドイドで乾燥・アトピー性皮膚炎対策

乾燥・アトピー性皮膚炎にはヒルドイド

ヒルドイドの有効成分は、ヘパリン類似物質というものです。ヘパリン類似物質は、肌に吸収されると皮膚細胞の水分を補給し”持続性のある保湿力”を発揮します。
アトピー性皮膚炎の方は、肌で作り出される天然保湿因子が少なく乾燥しやすくなっています。それを補うのがヒルドイドの役割です。

 

ヒルドイドの用法・用量

成分としての薬効(効き方)は軟膏もクリームも同じです。塗布する場所によって使い分けると便利です。
注意すべきは乾燥しやすい肌質の人、特にお子さんは(皮膚が薄くもともと油分も少ないため)、水分の多いものを塗ると水分が蒸発するときに肌の水分も一緒に蒸発させてしまうために、塗った後のほうが返ってカサカサする場合があります。
アトピー性皮膚炎の方などは注意して使用しないと悪化させる原因にもなります。そういう場合は出来るだけ軟膏を使用すると良いでしょう。
またいずれのものも肌にしっかりすり込んだほうが良い場合と、そっと乗せるようにつけたほうがいい場合があります。必ず指示された使用方法に従ってください。

ヒルドイド使用時の注意点

色々な疾患で使用されますがアトピー性皮膚炎の場合、治療薬として間違えられることがあります。あくまでも肌の保湿を補助するためであり肌の状態改善や乾燥しにくい肌を作るといったものではありません。
アトピー性皮膚炎の根本的な改善を目指すには肌に溜まった「過酸化脂質」という原因物質を取り除く必要があります。

過酸化脂質を取り除きながら併用してヒルドイドで乾燥を抑えることで皮膚の悪化状態を防ぎながらアトピーケアを行うことが望ましいとされています。