クラリチンの効果的な使い方は!?

クラリチンの効果的な使い方は!?

クラリチン(一般名:ロラタジン)は、アレルギー性の病気で処方されるお薬でアレルギー反応や炎症の発現に関与するヒスタミンを抑える目的で使用されます。
これはあくまで対処療法でアレルギーやアトピーの原因を治すことはできません。また一般的な他のお薬同様、副作用もありますので注意が必要です。

一般名:
ロラタジン
商品名:
クラリチン錠
作 用:
アレルギー反応や炎症の発現に関与するヒスタミンを抑えることで症状を和らげます。※あくまで対処療法で、アレルギーやアトピーの原因を治すことはできません。
使用法:
成人及び7歳以上の小児は1回1錠(10mg)を1日1回、食後に傾向服用する。年齢・症状により増減する。※あくまで一般的な使用法です。体調や症状によって異なりますので、必ず医師・薬剤師にご確認ください。
副作用:
眠気、けん怠感、口渇、過敏症(発疹、浮腫、かゆみ、呼吸困難)などが報告されています。その他、重い副作用として稀に肝機能値の異常が報告されています。
注意点:
腎臓や肝臓に障害を持つ場合や、授乳中の場合は注意が必要です。
薬による発疹やアレルギーが出たことがある場合は必ず報告が必要です。

※これらはあくまでロラタジンに関する一般的な情報です。必ず医師・薬剤師にご確認ください。

クラリチンの効果と特徴

アレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎の症状のヒスタミンを抑えます。即効性があり比較的に眠気や口の渇きなどの副作用が少ないのが特徴です。

クラリチンとアトピー性皮膚炎

ヒスタミンというアレルギーや痒みなどの発生物質をブロックする役割があり、副作用として眠気がほとんどでないことから非常に使いやすく処方されやすいものです。車の運転に関する制限事項などもないので大人アトピーの方でも幅広く利用されています。

しかし根本的な改善を目指すものではなく対処療法であると明記されており今の状態を軽減させる薬としか期待することができません。アトピー性皮膚炎の場合、並行してヒスタミンを作り出す原因物質の「過酸化脂質」を改善を行う必要があります。
あくまでお薬は対処療法だということを理解し、根本的な対策として過酸化脂質を減らしてお肌のターンオーバーを効率よく行い強いお肌を作ることが大切です。

日々の継続がアトピーの改善の一番の近道なのではないでしょうか。