アトピーの色素沈着

アトピーの色素沈着

色素沈着は炎症によって引き起こされる

色素沈着はせっかく肌の症状が収まっても跡になってしまい夏場など目立ってしまいます。女性の場合や幼児の場合など尚更です。私も肌が赤黒くなっていて半袖を着るのにすごく抵抗がありました。

アトピーによる色素沈着の原因は、ステロイドやクリームが原因ではありません。色素沈着は「炎症」によって引き起こされます。
つまりアトピー性皮膚炎の場合、強いかゆみや赤みが原因となってしまいますのでアトピー性皮膚炎の症状に関係なく軽度の方でも十分に発生してしまう危険性があります。

色素沈着がなぜ起きてしまうのか?

色素沈着が起こってしまう仕組みは実は単純なのです。アトピー性皮膚炎の悪化によって炎症を起こした肌は皮膚の修復のため炎症性サイトカインを発生させます。そのサイトカインがメラニン色素を作り出し黒ずんでしまうという構造です。

色素沈着の改善を目指すには下記の2点が重要になるでしょう。

●炎症が起きているとき メラニンを発生させる過酸化脂質の除去
お肌のターンオーバーの促進
●色素沈着に対して メラニン色素の除去
お肌のターンオーバーの促進

お肌のターンオーバーとは新しい肌に生まれ変わらせることをいいます。
私たちの皮膚は約4週間で新しい皮膚に生まれ変わっています。過酸化脂質のない状態の良い皮膚の時に効果的なターンオーバーを行いメラニン色素を除去していくことが大切です。

 

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter