意外に知られていないアレルギー湿疹の本当の原因

意外に知られていないアレルギー湿疹の本当の原因

つらい炎症や痒みに悩まされるアレルギー湿疹。意外に知られていないアレルギー湿疹の本当の原因とその対策を解説します。

アレルギー湿疹とアトピー性皮膚炎の違い

アレルギー湿疹は文字通り、ある特定のアレルゲンに対する反応としてあらわれる湿疹です。
それに対しアトピー性皮膚炎の場合、アレルギー湿疹同様にアレルゲンが特定できている場合もあれば、原因となるものが特定できていない場合もあるという違いがあります。

アレルギー湿疹の本当の原因は何?

アレルギー湿疹などアレルギー疾患の本当の根本的な原因は・・・実は「免疫バランスの異常」です。
人の体はアレルギーの原因となるアレルゲンが体内に侵入したときに、「Th1」と「Th2」と呼ばれる2種類の免疫細胞が排除しようと働きます。このとき健常な人の場合「Th1」と「Th2」がバランスよく働いてくれるのですが、アレルギー疾患を持っている場合はこのバランスが崩れ「Th2」が活発に働いてしまいます。
そして「Th2」が過剰に働くとIgE抗体という抗体がたくさん作られ体内に蓄積していきます。このIgE抗体が、過酸化脂質によりバリア機能の低下した肌に刺激を与え、炎症や痒みといった症状を引き起こすのです。
通常、病院治療では表面的に炎症や痒みを抑えるステロイド外用薬や、痒みをブロックする抗ヒスタミン剤が処方されるなど、一時的な対処療法しかなされていません。

根本的な原因が「免疫バランスの異常」や「肌のバリア機能の低下」にあるということは共通認識として周知されていはいますが、その対策が取られていないというのが実情です。

アレルギー湿疹などのアレルギー疾患を根本的に改善するには・・・

(1)免疫バランスを整えIgE抗体を蓄積させない
(2)過酸化脂質を蓄積させず、肌のバリア機能を改善する

この2つのポイントがとても重要です。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter