乳幼児(小児)のアトピー性皮膚炎改善の重要な3つの対策

乳幼児(小児)のアトピー性皮膚炎改善の重要な3つの対策

診断が難しく、ケアに困ってしまうことの多い乳幼児のアトピー性皮膚炎。完治の鍵は初期段階での治療にかかっているといわれています。
乳児湿疹や脂漏性湿疹、あせもなどアトピー性皮膚炎と症状が似ていて診断の区別がつきづらく、ケアの方向性が定めにくい症状が多くあります。これらの間違えやすい湿疹の種類とその特徴、そして乳幼児のアトピー性皮膚炎の対策方法を順番に見てみましょう。

 

アトピーと間違えやすい乳幼児の湿疹の種類

乳児湿疹 乳児湿疹は生後生後2週間から1歳くらいまでの間に顔や体に起こる湿疹です。
これがアトピー性皮膚炎なのかどうかは、少し経過を見ながら判断されます。
症状はカサカサしたものからジュクジュクしたものまで様々ですが、多くは半年前後で治ります。
乳児脂漏性湿疹 乳児湿疹のうち文字通りべたべたした症状を伴うものを、乳児脂漏性湿疹と呼びます。
これは、赤ちゃんがママのお腹にいる間に女性ホルモンの影響を受けるため、その影響が生後6ヶ月頃まで残り、脂腺を刺激して皮脂の分泌が活発になり、症状が出ると考えられています。乳児湿疹と同じく、お肌に負担のかからない低刺激な石けんなどで洗うなど、清潔に保つことで快方に向かうことの多い湿疹です。
その他の湿疹 かぶれ、あせもなど。

乳児湿疹との区別がつきづらい乳幼児のアトピー性皮膚炎は、診断まで最低でも2ヶ月程度の経過観察を要します。症状は顔だけでなく体や手足に出ることもあり、ジュクジュクしたものから乾燥、耳切れ、苔癬化なども見られます。
また必ずしも相互に関連性があるわけではありませんが、食物やダニなどに対するIgE抗体が陽性となることが多くあります。

乳幼児のアトピー性皮膚炎の治療として病院では、痒みなどの炎症が酷い場合に、ステロイド外用薬や内服薬を処方されることがあります。
しかし、これはあくまで痒みや炎症を一時的に抑えるだけの対処的な療法で、根本的な治療ではないことに注意しなくてはなりません。

乳幼児アトピー性皮膚炎の重要な3つの対策

(1) 過酸化脂質対策とお肌のバリア機能の回復

アトピー性皮膚炎の最大の原因は「過酸化脂質」と「お肌のバリア機能の低下」です。

体表の保湿をになう為に皮脂腺から分泌される皮脂は、外気や汗、ほこりなどの影響で酸化して皮膚を刺激し、これが痒みや炎症の根本的な原因となります。正常な肌にはさほど影響のない「過酸化脂質」も「バリア機能の低下したお肌」には痒みの原因となる大敵です。
そして「過酸化脂質」による痒みはさらなる「バリア機能の低下」をうみだすという悪化サイクルに陥ってしまうのです。

アトピー性皮膚炎の対策は、この「過酸化脂質」対策と「お肌のバリア機能」の回復にかかっているといっても過言ではありません。
これはアトピー性皮膚炎の根本的な治療の一番の基本です。

(2) 清潔なお肌と清潔な住環境の維持

前項でも解説したように、汗やほこりなどの汚れは「過酸化脂質」の蓄積につながり、アトピー性皮膚炎にとって大敵です。
あえて肌の耐性を高めるために入浴を控える方もおられますが、これはあまりおすすめできません。

保湿剤なども塗って時間が経つと酸化したり汚れを蓄積するため、入浴時に一度しっかり洗い流してあげなければなりません。もちろん刺激の少ないカリ石鹸を使用してあげるなどの工夫は必要ですが、適度に入浴し、常に清潔なお肌を維持してあげることが大切です。

衣服は常に清潔なもので、お肌に優しい木綿などを着用させてあげると良いでしょう。
また、これはアトピー性皮膚炎対策だけにかぎった事ではありませんが、清潔な布団やカーペットなど住環境の維持も大切です。

(3) ステロイドや内服薬の用法は必ず守る

ステロイドや内服薬は、痒みや炎症を一時的に抑えるために有効な手段ですが、用法を守らず使用すると副作用きたす恐れがあります。痒みが酷いからといって、所定の量や回数(期間)以上に塗ったり、逆に副作用を心配して量や回数を減らすことは逆効果です。

正しく有効に痒みや炎症を抑えるためにも、必ず処方時に医師から指示された用法を守って使用しましょう。

これらの対策の他、アトピー性皮膚炎は掻くことでお肌のバリア機能が崩れさらに悪化することから、こまめに爪のお手入れをしてあげることや、掻いてしまっても刺激にならないようにミトンなどの手袋をかぶせてあげることもいいでしょう。
赤ちゃんはまだまだ言葉が覚束ないため、自分の症状をしっかり表現することはできません。ここにあげた3つの対策は、乳幼児のアトピーにとって目新しいものではないかもしれませんが、だからこそ怠ってはいけない重要な対策なのです。

清潔なお肌と住環境を維持してあげ、急激な痒みや炎症はお薬の用法を守って確実に止めてあげる。そして何よりも根本的な対策として、過酸化脂質の対策とお肌のバリア機能の回復に注意を払ってあげることが根本治癒への近道なのではないでしょうか。