ステロイドが入ってるレスタミンがあるって本当?

ステロイドが入ってるレスタミンがあるって本当?

レスタミンが入っているステロイド

レスタミン軟膏には種類があり、通常の”レスタミン軟膏“は抗ヒスタミン薬でステロイドは入っていません。
強力レスタミンコーチゾン軟膏“と呼ばれるレスタミンにはステロイドが入っています。

レスタミンは抗ヒスタミン薬で痒み止めとして使用されます。一般的に”痒み”はヒスタミンによる痒みが原因ですが、アトピー性皮膚炎はヒスタミンだけの痒みではありませんので、痒みがおさまらない場合もあります。またヒスタミンの痒みを止めるだけなので一時的な痒み止めには良いですが、アトピーの治療にはなりえませんので、痒みを改善するには根本からの治療が必要です。

改善のための根本治療

アトピー性皮膚炎の痒みの主たる原因は蓄積された”過酸化脂質”だと言われています。この過酸化脂質は、人が生きていくためのエネルギーを作り出すときに生じる活性酸素が体内の不飽和脂肪酸と結びついて酸化したものを指します。

酸化してできた過酸化脂質は酸化を還元することで除去ができます。蓄積した過酸化脂質を除去すると、肌本来のバリア機能も回復してくるので、外部からの刺激にも強くなります。
アトピー性皮膚炎を改善するには、過酸化脂質の除去を行い、肌のバリア機能を本来の強さに回復させることが重要です。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter