ワセリンでアトピーが悪化?効果的なワセリンの使い方

ワセリンでアトピーが悪化?効果的なワセリンの使い方

“ワセリン”アトピー性皮膚炎の方は一度は必ず耳にする名前ではないでしょうか。ワセリンは皮膚科にいくと保湿剤としてよく出されます。このワセリン、皆が使っているからと安心していませんか?
実はワセリンでお肌の症状が悪化することもあるのです。

ワセリンの効果的な使い方

ワセリンは保湿剤としての役目よりお肌を保護する役目のほうが向いています。それは”お肌にほとんど浸透しない”からです。
お肌に浸透しないので刺激を与えることが少ないため、幅広く使われる理由です。
では何故お肌の症状が悪化してしまう場合があるのでしょうか?

ワセリンは石油を精製してつくられています。
そのため、お肌の表面に油の膜をはることができお肌の水分が逃げにくいため、お肌の保護として使われているのです。その油の膜はお肌の水分はもちろん、身体の内部の熱も逃げにくくなり結果痒みが起きてしまいます。
お肌の状態や症状によっては悪化してしまうということです。使い分けがとても大切ということです。

ワセリンはお肌を改善できない

ワセリンではお肌を改善することはできません。お肌の痒みや乾燥はバリア機能が低下している=過酸化脂質が増えているという状態です。
過酸化脂質はお肌表面に蓄積されています。この過酸化脂質を減らし、除去をしてからワセリンを塗らなければお肌に油膜を張っているだけでお肌の改善は見込めません
ステロイドとワセリンを併用している方も多いと思いますが、ステロイドやワセリンは空気に触れると酸化し、過酸化脂質へと変化します。ステロイドとワセリンを併用するだけではなく、ステロイドを酸化させない&過酸化脂質になってしまったものを除去できるものを一緒に使っていくことがお肌改善への近道です。